ポリクローナル抗体・モノクローナル抗体の受託作製ならティー・ケー・クラフト。
抗体精製・標識、抗原カラム作製、腹水作製、細胞培養、各種動物血清も扱っております。

受託・製品サービス
  ポリクローナル抗体作製
  モノクローナル抗体作製
  ペプチド合成
  抗体精製
  抗体標識
  抗原カラム作製
  腹水作製
  細胞培養
  動物血清等製品
  試薬製品
  実験/測定系開発補助
Q & A
会社概要
お問い合わせ
Column
>Link
Site Map



抗原について

免疫およびアッセイに必要な抗原量は、免疫動物種、動物数、追加免疫等により増減いたしますが、おおよその抗原量を以下に記しておきますので、ご参考にしてください。なお、マウスの場合、免疫用の抗原は濃度1.0mg/ml以上のものを用意して下さい。また、基本的に抗原の素性はお聞きいたしませんが、毒性、感染性の有無に関してはお知らせください。
合成ペプチドを抗原とした場合、以下の量はキャリアを結合していない場合の必要量になります。キャリア結合済のペプチドの場合、必要量は精製抗原と同量程度とお考えください。また、弊社ではキャリア蛋白の結合も行っておりますので、こちらもご利用ください。
また、 モノクローナル抗体作製にペプチド抗原を用いる場合、アッセイ時には精製純度の高いペプチドをお勧めいたします。さらにネイティブな蛋白との反応性を望まれる場合は、できるだけ早い時期に、蛋白との反応性のチェックもお勧めいたします。

 ポリクローナル抗体作製:Basic planでの抗原について
 精製蛋白(M.W. 10,000〜)
 免疫用
 ELISA用
 ヤギ・ヒツジ
 8 mg/頭
 0.1 mg/匹
 ウサギ・ニワトリ
 1.5 mg/羽
 モルモット・ラット
 1.0 mg/匹
 マウス
 0.5 mg/匹
 合成ペプチド(20残基以内)
 免疫用
 ELISA用
 ヤギ・ヒツジ
 5 mg/頭
 0.1 mg/匹
 ウサギ・ニワトリ
 1.0 mg/羽
 モルモット・ラット
 0.5 mg/匹
 マウス
 0.3 mg/匹

 ポリクローナル抗体作製:Free planでの抗原について
 精製蛋白(M.W. 10,000〜)
 免疫用
 ELISA用
 ヤギ・ヒツジ
 1 mg/頭/回
 0.1 mg/匹/回
 ウサギ・ニワトリ
 0.2 mg/羽/回
 モルモット・ラット
 0.1 mg/匹/回
 マウス
 0.05 mg/匹/回
 合成ペプチド(20残基以内)
 免疫用
 ELISA用
 ヤギ・ヒツジ
 0.5 mg/頭/回
 0.1 mg/匹/回
 ウサギ・ニワトリ
 0.1 mg/羽/回
 モルモット・ラット
 0.05 mg/匹/回
 マウス
 0.03 mg/匹/回

 ポリクローナル抗体作製:ポリクローナル腹水作製での抗原について
 精製蛋白(M.W. 10,000〜)
 免疫用
 ELISA用
 マウス
 0.3 mg/匹
 0.2 mg/匹
 抗原は濃度1.0mg/ml以上のものを用意して下さい。
 合成ペプチド(20残基以内)
 免疫用
 ELISA用
 マウス
 0.5 mg/匹
 0.2 mg/匹
 抗原は濃度1.0mg/ml以上のものを用意して下さい。

 モノクローナル抗体作製での抗原について
 精製蛋白(M.W. 10,000〜)
 免疫用
 ELISA用
 ラット
 1.0 mg/匹
 0.6 mg/匹
 マウス
 0.3 mg/匹
 0.6 mg/匹
 抗原は濃度1.0mg/ml以上のものを用意して下さい。
 合成ペプチド(20残基以内)
 免疫用
 ELISA用
 ラット
 1.0 mg/匹
 0.6 mg/匹
 マウス
 0.5 mg/匹
 0.6 mg/匹
 抗原は濃度1.0mg/ml以上のものを用意して下さい。